開催イベント

前橋映像祭2012

昨年度の様子
昨年度の様子

招待作品と公募による映像上映会を大蓮寺2階本堂とヤーギンズ(旧カフェ・ヤーマンズ)で開催します。実験的な映像作品からドキュメンタリーまで。前橋映像祭でしか見ることができない個性的な作品が揃いました。ぜひご覧下さい。

 

上映時間 2月3日(金)13時〜20時

     2月4日(土)10時〜18時

公開シンポジウム


 

公開シンポジウム 2月3日 会場:大蓮寺


2月317:0018:15

 

第一部 映像によるアートへの市民参画の可能性

 

デジタル技術の発達に伴い、映像を誰もが作れるようになり、

自由に 映像作品を発表できる時代が来た。

映像作品は、表現を作品化する芸術の中でも、

市民に親しまれやすいものである。

映像の可能性に着眼し、

映像やアートに対して

どのように市民が参加できるのかを考える。

 

司会:毛利嘉孝(東京芸術大学准教授/社会学者)

パネリスト:小田マサノリ(イルコモンズ)

      藤井光(アーティスト)

      吉澤直輝(メディアキャンプ in 群馬 実行委員長)

        佐藤良明(元東京大学教授/表象文化論)

          清水知子(筑波大学専任講師/比較文学・文化理論)

 

 2318:3020:00

 

第二部 表現・アートは地域にどのように貢献できるか

 

群馬県中之条町ビエンナーレや、瀬戸内アートなど、

地域住民と作家が融合し、

お互いが関係を結びながら地域の資源や歴史を活用し、

地域観光の活性化や住民の地域愛着に

結び付けるプロジェクトが増えてきている。

アートが地域活性化に貢献する流れが模索される中、

本企画をきっかけにして

前橋の活性化にどこまで貢献できるかについて可能性を探る。

 

司会:小泉元宏(鳥取大学専任講師/社会学・文化政策・芸術理論)

パネリスト:白川昌生(アーティスト)

      毛利嘉孝(社会学者)

      蓮池俊光(大蓮寺)

      渡辺大輔(DNA+代表)

      福住簾(美術評論家)


 

 

 

    本企画内のシンポジウムは、

平成23年度文部科学省科学研究費(基盤A)

 『社会システム〈芸術〉とその変容——現代における視覚文化/美術の理論構築』

(研究代表者 長田謙一/研究分担者 毛利嘉孝)の研究活動の一環として開催されます。